忍者ブログ
ママ記者瀬川の野球少年+熱血監督追っかけ日誌
[334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログはコメントの方に書いたものですが、こっちにも入れておきます。以下、まったく同じ文です!

渦中の親さん、庶民さん、ほか、特待関連でコメントいただいたみなさま、ありがとうございます!

先日「特待を自慢する、慢心して成長しない」という選手がいることを書きました。もちろん一部です。特待選手、保護者の方で、気分を害されたらすみません。一部にそういう選手や親もいるために、やっかいに思う高校もあるということです。

毎日新聞の記事も読ませていただきました。確かに特待は選手にとっては勲章ですね。特待は、子供たちが夢に向かって歩むための手助けになっていますし、なくてはならないもの、あって当然のものだと思います。

先日、ある中学硬式強豪チームの現場でこんな話を聞きました。

ある日、ある高校の関係者がグラウンドを訪れ、ひととおり練習をみた後、補欠の選手を特待で取りたいと言ってきたそうです。どうみても、他にいい選手がいるのに、その選手がいいと。

「そうですか、ありがとうございます」とその場はそれで終わったそうですが、あとで違う方面から話を聞いたら、今年はその選手を特待で取ってそのチームに貸しを作り、来年こそはいい選手をくださいよということだったそうです。

でも、その高校から「特待で!」と指名されたその選手は、選手自身も親も完全に舞い上がってしまい、みんなに「オレは特待だ!」「ウチの子は特待なのよ」と自慢しまくったそうです。そして、自分の息子を使わない中学の指導者批判までして、ろくに挨拶もせず卒業していったそうです。

結局、その選手は高校では「来年の有望選手獲得」のためにとった選手ですから、使ってももらえず、、、。もちろん、次の年、その高校が狙っていた有望選手がその高校に入ることもなく、、、 「貸し」のために「特待」になったその選手はとても惨めな思いをしているということです。ヒドイ話、ヒドイ高校です。

親も「特待」と言われてうれしい気持ちはますが、つい「勘違い」してしまったんですね。何も知らず、踊らされたその選手が可哀想です。

こんなふうに大人に振り回されてる子供がたくさんいます。でも、子供に道しるべを示してあげられるのもまた大人です。

今までは、「特待」があるために、経済的に難しいと思われる高校でも、入ることができました。進学できる高校の幅も広がり、この高校のユニフォームを着たいという夢を叶えられることができました。

でも、その高校についていろいろと調べたり考えたりしてあげないで、ただ「特待でって言われたから」でその高校を選んでは、その後子供が苦しむことにもなりかねません。

でも、実際、その高校がどういう高校か、どういう指導者か、どういう練習をしているのか、そういう情報を保護者が知る手段は少ないような気もするんですよね。その辺はその高校の卒業生なり、現役生なり、保護者に聞くなりするしかないのかな。

話はそれましたが、庶民さんのご家庭、とても大変な状況にあると思います。

でも、さっきのブログにも少し書きましたが、今、全国の私立高校の理事長たちが、高野連に立ち向かうべく大阪で会議を開いているそうです。昨日もある県の関係者が会合を開き、今後について検討会が開かれたそうです。高校側もこのままでは生徒(選手)募集に大きな影響が出ますし、何とかしないと立ちあがったのでしょう。

今後、現役特待生には何らかの救済処置がとられるのではないでしょうか。来年以降の「特待」の扱いについても、現在言われているものよりは柔らかくなるのではないかと思います。

大人の勝手で子供が学校をやめるとか転校するとか、人生を狂わせるようなことがあっては絶対にいけません。

今回、これだけの選手や保護者を苦しめているこの件は、やっぱり私は断固許せません。今後も、私なりにいろいろな現場の声を聞いて、みなさんにお伝えしていこうと思います。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
特待
特待の問題。本当に何とかしてもらいたいですね。子どもがかわいそうだし、今の状態では不公平や世の中の不条理を教えているようなもの。早く解決してほしいですね。
nob 2007/05/09(Wed)14:18:08 edit
ありがとうございます
わざわざ貴重な時間と紙面?を割いて頂きありがとうございます
私の方も出来る限りたくさんの方々に現状を知って頂く為にも新たな情報や動きなど含め書き込ませて頂くこともありますがどうかご容赦下さい

シリアスな書き込みばかりしていますが瀬川さんのお子ちゃまネタには癒されていますのでまたそのブログも楽しみにしております(^^)v
渦中の親 2007/05/09(Wed)17:24:36 edit
無題
瀬川さんの高校球児への想いや、皆さん達の勇気ある声が、不安な今を支えてくれている気がします。皆さんが声をあげたからこその今なのだと、本当に思います。後は、子供達の野球への努力が衰退しない様に・・子供達全てに良い結果であります様に、と祈るばかりです。これからもホームページを拝見させて頂きます。明るい話題から、ためになる話まで本当に楽しく拝見させて頂いてます。頑張ってください☆
庶民 2007/05/10(Thu)03:52:08 edit
解決ではない!
世論に圧される形で今回の高野連の妥協案(彼らは妥協ではないと仰るが)渦中の人間としては一安心です
高野連は就学困難な生徒に限って学校の裁量で援助を認めると言いますがこれは事実上、在学生に限り猶予すると言うことでしょう
しかし我が家がセーフだから良かったではすみません!
今回、どれだけ沢山の人達が高野連の(敢えて独善的と言わせてもらいます)発表に振り回されましたか?
これまで何度となく書いてきましたが、来年以降一切の野球部に対する特待生制度禁止をもし高野連が進めればこれから先、野球に取り組む野球少年の夢を芽を摘むことになり結果、野球の衰退、レベルの低下という危険な状態になり得ます
昨日の会見で高野連の見解が野球特待=留学=金銭授受になってましたが、極稀にあってもあまりにも強引な理論と思ったのは私だけではないはずです

得てして世論というのは移ろいやすく飽きっぽいものですが野球を愛する方々の力を少しづつでも御割愛ください
やがてそれが大きな力になると確信しております稚拙な長文失礼しました
渦中の親 2007/05/11(Fri)12:55:15 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[03/28 DON]
[03/28 DON]
[03/13 齋藤]
[02/17 上尾野球おやじ]
[02/15 齋藤]
プロフィール
HN:
瀬川ふみ子
性別:
女性
職業:
ママ
趣味:
野球観戦、旅
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.