忍者ブログ
ママ記者瀬川の野球少年+熱血監督追っかけ日誌
[1115]  [1114]  [1113]  [1112]  [1111]  [1110]  [1109]  [1108]  [1107]  [1106]  [1105
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日今日と原稿デーですっっ 

今日はあまりに集中しすぎてしまって、女神ちゃまを6時に学童へお迎えに行かなければならなかったのに、すっかり時間が過ぎてました(+_+) 気が付いたら10分過ぎていて、大慌てで「すみませーーーん(>_<) (>_<) 」って電話。

大急ぎで迎えに行くと、女神ちゃまは、まだ事務作業をしていた先生二人の脇にチョコンとすわり、読書をしていました。「先生、すみませんっっ! ○○(女神も)ゴメンねーっっ」に、女神ちゃまは「ぜんぜんいいよ!(^O^)/ ママ、おしごとがんばれた?」って優しい声をかけてくれましたっっ

一人残っちゃったら、「なんでおそいのよー」とか怒られそうですが、女神は絶対にそういうことは言いません。ママが寝坊しちゃった、とか、ママが持ってくるものを忘れちゃった、とか、ママがハンバーグを焦がしちゃった、などなど、失敗をやらかしても、女神ちゃまは「ぜんぜんいいよ! ママはいつもちゃってくれるから、ちょっとぐらいいいよ!(^O^)/」とか「ダイジョブダイジョブ!」っていつも優しい言葉をかけてくれるのですぅぅぅ~

ダンナが厳しく、ママはダメ出しされっぱなし。それを見ていて可愛そうだと思うのかっっ いやいや、女神ちゃまは、ママが言うのもなんですが、メッチャ心が優しいのです~ ウチは、パパも小僧も優しいけど、言葉がきつくて私はへこむしやる気を無くす(>_<)  でも、そこに登場する、超癒やし系の女神ちゃま。ホントに、アナタがいてくれてよかった~(≧ε≦o) アナタを産んでよかった~って毎日思ってますっっ

ということで、今日も寝る前には、恒例、女神ちゃまチュー攻め!!☆(゜▽゜)☆ 「ママのところに生まれてきてくれてアリガト! ママを選んでお腹にやってきてくれてアリガト! ママの子供でありがとーーー!!」とチュッチュです(^_^) と、女神ちゃまも、またまた優しく「○○(女神)のママがママでよかった!」とか言ってくれちゃうんですよー。んもーこんな失敗ばかりのデキの悪い母なのに、そんなこと言ってくれて~泣けてくるわっっ(≧ε≦o)

ちなみに、女神ちゃまがどんだけ優しい言葉をかけてくれるかをちょっとご紹介すると。。。。ママは日々、「またお腹に肉ついた~ どんどんデブになっていくぅぅ~」なんて嘆いているのですが、テレビで、ブルブルマシーンとか、乗馬マシーンだとか、「やせるグッツ」の通販などが始まると、「ママ~ これやってみたらいいんじゃない? お腹のお肉がとれるみたいだよ! でも、○○(女神)は、ママはそんなにおデブじゃないと思うからやらなくてもいいとおもうけどね(^_^)」ってニッコリっっ 

女神ちゃまは、間違いなくママのたるたる肉を見ているのに、傷つけないようにというその優しい言葉、もーうれしいとともに、感心させられ、また、勉強させられますっっ 私もああいう相手を気遣った発言できるようにしなきゃっ!って。

女神ちゃまのこういう言動は、保育所のときも先生方に言われていたし、今も学童でもいつも言われてます。周りがケンカして殺気だっていても、女神がその場に入り、みーんなをほんわかさせて、いつのまにか空気を柔らかくさせてしまうんだって! 周りのことばかりを考えて自分の気持ちを押し殺してるわけでもなく、自分のやりたい遊びはやんわり主張して、周りもそれに自然と巻き込んで一緒に遊んでいるんだとか。面接のときにそんな話しを聞き、女神ちゃま、そりゃースゴイぞ!! とママ感心しちゃったのだ~

進路の話しを書こうと思ってたんだった(^_^; いつものように話しがずれたっっ
とりあえず、アップ! 続くぅ~

::::::::::::::::::::::::::::::::::

夏休みがすでに終わって新学期が始まっているところもあり、9月1日から新学期が始まるところもあり、、、。一方、大阪では、バファローズカップという大会開催中。(タイトルには、「大会終わって。。。」って書いちゃいましたが、まだ大会あったんだったっっ 失礼しましたっっ) そのバファローズカップは、今日現在で、交野シニアが決勝進出しているとのこと。もう1つの山は神戸中央シニアが頑張ってるみたい! 明日準決勝もう1試合、30日に決勝戦が行われるようです。

ということで、夏も残りわずかとなりましたが、中学3年生諸君、進路は決まったかな?? 県立高校、都立高校など公立を受験する人たちは、自分の成績を見て、志望校を絞り込む時期かと思いますが、いわゆる「野球で行く」選手たちは、夏休みが終わるころには、だいたい決まってしまうんですよねっ。

筆記試験もしてないし、合格通知もきてないので、「決まった」というのもヘン! ということで、「受ける高校が決まった」という言葉の方が正しいですかね(^_^; 「スポーツ推薦」などの生徒は、高校と中学指導者・選手間で口約束のような形で「野球では入れる」ということが決まり、1月や2月に正式な試験をして、そこで受かれば晴れて本決まりとなるんです。

実際、「野球」では「とる」、と言われていても、筆記試験の結果が悪かったり、受験のときの態度やらが悪くて落とされるケースもあるので、まったく気は抜けない、抜いちゃいけません。でも、気を抜いちゃう選手くんも毎年多々いますね。本来、高校とは必死で受験勉強して入るもの! 野球で「決まり」と言われても、ちゃんと勉強しましょうね!!

さて、今年も、たくさんの人から進路についての相談を受けました。選手本人はもちろん、親も悩みますから、誰かに聞きたい、誰かアドバイスして!っていうのはわかります。でも、こういう質問をされると、非常に困ります。

選手から…「自分はどこの学校が合ってますか?」「どこの高校にいったらレギュラーになれて、甲子園にも行けますか?」 親から…「うちの息子をどこにいかせたらいいでしょうか?」 預かる中学指導者から…「あの選手はどこにいったらいいと思う?」

そんなこと聞かれても、、、、ハッキリいって分かりません!!

確かにいろんな高校を見て、この監督さんってこんな人なんだ、とか、こういう野球するんだ、とか、ここの施設はいいな、とか、でも、食事は不評だな、とか、寮は全員は入れないのか、とか、特待で入れてもそのほかにいっぱいお金がかかりそうだな、とか、いろいろな情報は持ってるかもしれません。

でも、「あそこの高校はこういうところはどうなんですか?」という質問をされれば、「そのへんはこうですね」とは答えられても、「どこがいいですか?」って聞かれても、その選手の力量もあるし、経済的なこともあるし、その高校がとってくれるかもわからないし、「アナタはここが合いそうだから、そこがいいんじゃない?」なんてことは言えないですっっ 

相談する方は、バシっと「ここの高校がいいんじゃないですか?」という答えを期待されているかもしれません、でも、最後の決定権を私に託されても困るっf^_^;  それで高校でレギュラーになれなかったとき、合わなかったとか言われたとき、私も責任感じるし、、、、なので、今年、私に相談しても、ちゃんとした答えが返ってこなくて物足りない思いをした人もいるかもしれませんが、それはご理解ください。

進路決めに関しては、最近、選手自身はおいといて、親の目標が高すぎて、親に振り回されている子供がたくさんいるなと感じます。やる本人、選手くんの意見はどこにいっちゃったの?っていう。。。。

子供に行きたい高校があるのに、「大学附属にしなさい!」と親。「寮に入って自立したい、野球に打ち込みたい」と言っているのに「寮じゃなくて通いにしなさい!」と親。「甲子園に行けそうな高校に行って頑張りたい、自分の力を試したい」と言っているのに「甲子園にいけなくてもいいからレギュラーになれるところにいきなさい!」と親。 

親が子供のためにレールを引いてあげるのはいいこと、道から逸れないように見守るのも親の役目。しっかりと親子で話し合って子供が納得してその高校に決めたならOK。でも、親の見栄や、親のプライドや、親のブランド志向でで子供が振り回されているケースが多々あります。そうやって高校に入っていった選手が途中で挫折しているケースがとても多いというのも事実。

実際にあった話なども書いてみたいのですが、締め切りラッシュの最中なので、そのうち、、、にしますf^_^;  

あ、あと、「有望選手がどの高校に(受験することが)決まったか」という話しは、誰もが気になることではあります。このブログにも「○○がどこの高校に行くのか教えてください」というコメントが入っていたり、メールでもそのような質問が来ていました。でも、もし、私がその選手の進路が分かっていたとしても、個人のことだし、正式に合格したわけではないものをお教えすることはできません。

今日の最後に、進路決めは本当に難しいです。でも、野球でいい成績を残せるように頑張るのと同時に、しっかり勉強もして、提出物もちゃんと出して、ある程度の成績をとっておけば、いざというときに自分のためになりますよ!いける高校の幅が広がりますよ! 

あと、最近の高校の監督は、野球のうまい下手以外に、野球にどれだけ真剣に取り組める選手かってことも見ています。いくら野球がうまくても、素行の悪い選手、一生懸命やらない選手は、その高校にとって悪影響をもたらすこともあります。不祥事を起こされるかも、、、と敬遠します。逆に、よく声の出る選手、雑用なども率先してやっている選手は、「あの子がうちにきたらチームを引っ張っていってくれるかもしれない」と欲しがります。

なので、そういうところもきっちりとね! いざ、高校の監督が試合や練習を見に来たとき、そこをみて「欲しい」といってくれるかもしれませんから、そういうことを普段から、それを頭に入れておいてくださいね! 中学3年生はもちろん、中学1、2年生の選手くんもね!!

ということで、今日は口うるさいママ記者から進路についてのアドバイスでした!! 

では、仕事に戻ります~
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
以前コメントしました。2~3回ですかね。
女神チャマの思いやりを感じましたね。
また瀬川さんの「ママのところに生まれてきてくれてアリガト」この気持ちは親として一番大切なことですね。
イライラして最愛のはずの子供に当り散らす親の話を聞く中で本当に子供を育てる、優しくそして思いやりを自然に植えつける。これは一番大切な事であります。ありがとうございました。
jj 2008/08/28(Thu)02:03:53 edit
はじめまして☆
興味深く読ませていただいてます!§中ママ§です。
少し先になりますが、セガレは縦縞ユニフォームに憧れて帝京高校を目指しています!
強豪シニアの有望選手ではないですけれど、野球への情熱と取り組みは誰にも負けてません!(~o~)
瀬川さんの日記を読んで、セガレにも全くチャンスがないわけではないかな?って嬉しくなりコメントしました。
ハードルは高いですが、一生懸命なセガレを帝京高校の前田監督が発掘してくれる日を夢見て、諦めないで応援し続けたいと思います!(^O^)
これからも中学生、高校生の日記を楽しみにしてます!
§中ママ§ 2008/08/28(Thu)02:22:05 edit
進路
野球のうまい下手以外の部分は、私もとても大切だと思います。
そのあたりはいつも口をすっぱくして言っております。

現在小6のうちの場合、目下の悩みは中学部活で軟式か、ボーイズもしくはシニアで硬式か・・・

そのあたりも、もしよろしければまた近いうちに書いていただけると嬉しいですm(^^)m

女神ちゃんは優しいですね~♪うらやましい!
うちは男二人なので、言葉で癒してもらうことは皆無(>_<)
優しいことは優しいんですが(*^。^*)

週末は試合、それにチームの暑気払い。
勝利と晴天を願いつつ、準備しています。
ちい 2008/08/28(Thu)15:55:07 edit
去年の今頃は…
後、何日かで、夏休みも終わりますね。

去年の今頃は、進路をどうしたらいいのか?
一進一退の日々が続いていたのに、


あれから、もう一年が立ちました(≧ω≦)b
早いですっ!!


いろいろ討論した結果
うちは、県立高校での野球を選びました。

中学校では、部活で軟式でした。


軟式から硬式に変わる時は、暫く大変!!と聞いてましたが…

うちの場合は、すんなり出来た気がします。

何が、そこまで息子をやる気にさせてるか?

自分の行きたかった学校、

一緒にやりたかった先輩達が、いたから?ではないかと思いますっ
高校に入ってから、土日は、おろか


今回の夏休みも、お盆休みもないほど、

毎日練習やら、練習試合の日々でした。


親の方も、正直ヘトヘトですっ

が、学校がとっても楽しいし、

部活は、もっと楽しいとの事です。


うちのチームには、今年、プロ注目のエースもいて、

県立ながら、子供達みんな頑張ってますっ!!


結論から、言いますと、やるのは子供本人!!

親は、それを、全面的にバックアップしてあげられたら…と私は思います。


親子で、気負いなく、楽しく野球に携われてる事に、幸せだし、

感謝!!の毎日ですっ
o(^-^)o


結果は、後からついてきます。


のびのびした、野球を私は、させたいですね
(*^_^*)
はなび 2008/08/28(Thu)16:46:41 edit
母子似てます!!
いつも読ませていただいてます。とても勉強になっています。
今回の進路の話しもなるほどという思いです。もっといろいろ聞かせてほしいですね。
女神ちゃんには瀬川さんと一緒に取材にきてくれたときにお会いしてますが、明るくてにこにこしている可愛い女の子ですね! 確かにいやし系で話していたひと言ひと言がかわいかったです。いやし系だけど、でも活発ですよね! それって、まるで瀬川さん。やっぱり親子似てるんですね!
女神ちゃんが優しいのはたぶんママの背中を見て育ったからですね。瀬川さんにはうちのチームも何度も取材に来ていただていますが、相手を自然に気遣えるすばらしい方だと思います。取材といって土足で入ってくる人もいますが、瀬川さんは現場のことをよく分かっていらっしゃるので、そのへんの気遣いも当たり前ですが当然きちんどできています。監督、選手、父兄、いろんな立場でものを考えられる方なので、言葉一つ一つに重みもあるし真実味もありますし、なにしろ話しをしていて楽しいです。一度話しをしたら、また会いたい、また話しをしたいと思わせてしまうところがありますね。とてもパワフルで会うと元気をもらいます。来てくれると勝てそうな気がします! 別のチームでも、瀬川さんが来てくれると勝てるっていっていた監督がいましたよ。そんなママを見て育った女神ちゃんはそういうところを身につけたのかもしれませんね! 
これからも、うちのチームにもっと取材にきてもらえるように練習頑張っていきます。新チームの選手たちは例年以上に精神面が弱いところがあるので、何とかやる気を出させつつ、心も強くしていいけるように努力していきたいと思います。取材にきてくれたときは、選手を集めますので、瀬川さんからひと言いただきたいです! カツを入れていただきたいです。そのときはよろしくお願いいたします!! 
熱血Kコーチ 2008/08/28(Thu)19:13:59 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/28 DON]
[03/28 DON]
[03/13 齋藤]
[02/17 上尾野球おやじ]
[02/15 齋藤]
プロフィール
HN:
瀬川ふみ子
性別:
女性
職業:
ママ
趣味:
野球観戦、旅
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.