忍者ブログ
ママ記者瀬川の野球少年+熱血監督追っかけ日誌
[246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

例の事件、いろいろ事実が分かっていくうちに、大きなショックを受けています。

12日のブログに、「氷山の一角?」という見出しで、中学野球の時期から高校入学に関する金の問題もある・・・という話しを書いたら、電話やらメールやらいろんな方から「そうだそうだ! 子供を食い物にするな!」っていう意見をたくさんいただきました。(コメントを入れてくださった方もありがとうございます)

そのときのブログに、今回の事件、「早大の選手本人は分からなかったことで、親が子供の分からないところでやっていたそうだ」ということを書きましたが、今日の報道で衝撃的な事実が判明しました。「本人も高校時代から知っていた」というのです。その選手が通っていた専大北上高校の校長がインタビューの中でそう話していました。

私も、前回のブログを書いたすぐあと、その早大選手が岩手県の高校出身だということが分かり、調べていったら専大北上高校だと分かり、ああ、専大北上は2004年11月の「一場事件」のときも監督が以前(2002年)ヤクルトに入団する選手の件で金銭を授受したとして警告を受けていたし、こりゃ間違いないなと。で、早大のメンバーを見たら、専大北上出身の選手がいて、確かに高校時代「プロ注目」って騒がれていたし、間違いないなと。

最初はその選手は知らないところで大人がやったことなのかと同情していましたが、まさか本人も知っていたとは(*_*) 

その選手、もっといろいろ調べていったら、中学時代は神戸の某硬式チームで野球をしていたことが分かりました。中学1年秋には関西大会で優勝、中学2年春の全国大会で準優勝しています。俊足で強肩でパワーもあるし、下級生から活躍する姿がプロの目にも止まったのかもしれません。

でも、もうそんなころからプロとの接触が始まっていたなんて・・・恐ろしいです。

ちなみに、その選手が所属していたチームは今はもうありません。奇しくも、一場問題があった2004年にチームがなくなっています・・・でも、そのときのチームの監督は翌年、違うチームを立ち上げて活動しています。

なんだか、大学生だの高校生だの、そのレベルではなく、もっと下の中学生のすぐそばにも危険がいっぱい潜んでいる気がして・・・・世の中の野球小僧くんがもっと純粋に野球ができたらいいのに。。。そういう環境を作ってあげるのが大人でしょー。それが、なんで子供まで巻き込んでこんなことになっちゃうでしょう・・・なんででしょう・・・悲しいですね。

保護者も、指導者も、選手自身も、プロ側も、その他野球関係者、ファンも、みーんな自分勝手にしてたら、野球界、とんでもないところにいっちゃいますよ。やっぱやっちゃいけないことはやっちゃいけないし、自分だけはいい、自分さえ(自分の息子さえ)よければ、じゃなくて、もっとみんなが襟を正していかないと! 

だからって私も何かができるわけでもないし、そんな偉そうなことを言える立場でも身分でもないですけど、やっぱり、ちっちゃな力であっても、自分は自分なりにできることで野球界の宝を応援したり、守ったり、育てたりしていきたいなって思います。

日本球界の未来がもっともっと明るいものになりますように!! 
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/28 DON]
[03/28 DON]
[03/13 齋藤]
[02/17 上尾野球おやじ]
[02/15 齋藤]
プロフィール
HN:
瀬川ふみ子
性別:
女性
職業:
ママ
趣味:
野球観戦、旅
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.